白色申告と確定申告記事一覧

個人事業者は、毎年、1月1日から12月31日までの1年間における事業の業績結果をまとめて確定させた所得を次の年の2月16日から3月15日までの期間に税額を確定させて確定申告する義務があります。飲食店や衣料店などを営んでいる人はもちろんのこと、マンションやアパートを貸したりして経営している人や個人としてソフトハウス等と契約してシステム開発等を携わっている人も個人事業者に値しますので確定申告の義務が発...

税金を納めることは法律で定められており、国民は法の定めるところにより納税の義務を負うと記されています。サラリーマンは有無を言わさず毎月の給与から所得税や市県民税などの分が差し引かれてしまっていますが、個人事業者はどのようにして納税の義務を果たせばよいのでしょうか。個人事業者の場合、サラリーマンとは異なり日々の収入状況が変化してしまうため、サラリーマンのような一律での税率で計るのは困難なため、1年間...

確定申告における控除は、所得税の申告を行ううえで、収入所得から差し引いてもよい出費に要した金額や条件になります。これは、個人事業者もサラリーマンでも同じように控除出来るものが決まっていますので、条件が合えば控除することができます。例えば、配偶者があれば配偶者控除として38万円が自動的に控除することができ、さらに配偶者がパートや正社員で働いているのなら、その所得に応じて配偶者特別控除として差し引くこ...

事業者の確定申告の方法には、白色申告と呼ばれるものと青色申告と呼ばれるものの2種類用意されています。どちらも事業者の所得を申告するものなのですが、なぜわざわざ2種類の申告用紙が用意されているのでしょうか。簡単に話すと、白色申告は事業者となってまだ間もない人やネットショップなど副業的に事業を行っている人の簡易的な申告になっており、対して青色申告は売上や経費など歳入と歳出を細かく記帳した帳簿をもとに所...

事業者であれば納税の申告となる確定申告において青色申告で行うのが普通とされていますが、事業者としてなりたてで、不慣れな場合や副業的に事業者となっている場合などは、見込みによる所得申告ができる白色申告によって所得税の申告を行うことが出来るようになっています。白色申告は、もともと所得が低く納める所得税も低いため見込みによる申告でもされほど差異が生じるわけではありません。事業者として成りたてであれば、そ...