青色申告での確定申告

事業者であれば納税の申告となる確定申告において青色申告で行うのが普通とされていますが、事業者としてなりたてで、不慣れな場合や副業的に事業者となっている場合などは、見込みによる所得申告ができる白色申告によって所得税の申告を行うことが出来るようになっています。

 

白色申告は、もともと所得が低く納める所得税も低いため見込みによる申告でもされほど差異が生じるわけではありません。事業者として成りたてであれば、それほど売り上げがあるわけではないでしょうし、副業的にネットショップやフリーマーケットでの売れ上げもそれほど多くは無いはずです。

 

しかし、ある程度の売り上げ実績を出している事業者であれば、明確に控除の適用を示唆できる青色申告のほうが節税できることになります。また、売り上げが1000万円以上であれば消費税の申告も行わないといけませんので、青色申告での申告と自動的になってしまいます。この場合でも白色申告で納税申告することはできますが、あくまでも見込みの売上になってしまいますので、正確性に欠けてしまいます。

 

このため、運悪く査察検査に当たってしまった場合、過少申告とみなされて延滞税や重加算税など後々思いペナルティの課税を課せられることになりかねませんので、最初から帳簿をしっかりと付けて青色申告したほうが節税効果もあり得となります。

 

もし、青色申告での申告方法が分からない場合は、確定申告時期になると税理士による無料相談や書き方の指導を受けることが出来ますので、多少混み合って待つことになりますが活用してはどうでしょうか。