白色申告のメリット

白色申告による所得税などの確定申告は、歳入歳出を管理する複式簿記や元帳の記帳の必要がないため、比較的簡単に申告手続きが行えるのですが、白色申告のメリットはこれで毛なのでしょうか。

 

副業を行う人のほとんどは、サラリーマンの人ではないでしょうか。このため、売上がどれだけなかや損益などあまり気にする人は少なく、自分の小遣いを稼ぐ程度で副業している人が多いかと思います。実際に副業で行っているものとして多いのが、インターネットを利用したブログやデータ入力と言ったものが多く、月の収入がせいぜい2万円~多くても5万円程度であるため、年間収入としても50万円あるかないかといった具合です。

 

ここで、所得税額の計算をしてみると、収入が50万円あったとして、電気代や交通費などの経費分を差し引いて、さらに基礎控除の38万円やその他の控除などがあればさらに差し引くことが出来ますので、所得としてほとんどゼロかマイナスになってしまいますので、所得税の課税としてはかからなくなってしまいます。

 

こうした控除などの差し引くものをしっかり押さえておけば、わざわざ届け出が必要で書類も多く必要とされる青色申告にする必要はなくなります。しかし、副業でも高収入を得ているような場合は、青色申告での申告が必要となりますので、入出金の状況だけはノートなどに記録を残しておくとともに、領収書や支払い伝票などを保管しておく必要があります。