白色申告の記録保存

白色申告では記帳の必要がありませんので、売上明細や領収書は捨ててしまっても大丈夫なのでしょうか。

 

青色申告では、記帳の帳簿類は、7年間保存することが義務付けられています。しかし、白色申告においては、記帳の帳簿類の保存することは義務付けられていません。ただし、所得額が300万円を超える場合は記帳することが指定されていますので、領収書や売上明細書などの保管しなくしてはいけません。特に重要になる収入や経費のもととなる歳入歳出を記した帳簿は7年間保管しなくてはいけません。

 

その他にも、事業以外で記した帳簿として、接待などの経費や事業経費などの帳簿は5年間保存することになっています。そして、帳簿を記すための伝票類やレシート、領収書については5年間保存しなくてはなりませんので、何時の帳簿がどこに保存してあるか管理する必要があります。

 

これは、税務署の査察調査に当たってしまった場合、過去何年間分の帳簿類の監査が入りますので、捨てることは絶対にしてはいけませんし、何処にしまったか分からずじまいとなっては査察でペナルティを受ける要因となってしまいます。

 

最近では、パソコンソフトを使った会計ソフトや経理ソフトが多くあり、帳簿管理もパソコンで行えるようになっています。ただ、パソコンが壊れてしまい、保存してあった帳簿データも消えてなくなってしまうだけでなく、確定申告に必要なデータを取り出すこと不可能になってしまいますので、日ごろからデータのバックアップなど注意しなくてはいけません。