申告回りの書類・手続き記事一覧

白色申告では帳簿の記帳は免除されていますので、所得の計算は支出明細書やレシート、領収書といったものが基本となるのですが、これを2月16日から3月15日の間に計算しようにもきちんと保管してあれば、問題ありませんがそれぞれのレシートや領収書がバラバラに保管してあると集めてくるだけでも大変なことになります。さらには、紛失してしまっていたり、そのものを忘失してしまっていることもありますので、所計算すると言...

現金出納帳は、簿記の中でも基本的なものになっており、事業者であれば最低限出納帳の記帳は毎日欠かさず記帳すべきことになっています。個人事業者の中には、簿記の知識がなく白色申告で済ませている人もありますが、現金出納帳だけは特に簿記の知識が無くても記帳することが出ますので、領収書やレシートなどから直接所得を電卓ではじいている人も現金出納帳を記帳管理することをお勧めします。現金出納帳は、毎日のお金の出し入...

小売店や工場を経営するうえで、ものを仕入れねときにクレジット払いする人はいないかと思いますが、何時も現金払い出来るとは限りません。また、洋服の仕立てやオーダーメイドでものを製作して売る場合や得意先で後払いとなったときなど、現金が入ってこないこともあります。このように、商売をするうえで、ものやサービスの履行に対して現金の流れとタイムラグが生じることがあります。このような取引を信用取引や掛け取引と言っ...

自分の店を持ち事業者として経営していくことは、長年の夢で叶えた人もあり、または親の代々から受け継いでいる老舗の店などもあります。店を所有すると言うことは、固定資産として資本の一部に計上することができます。このことは、非常に大きなことでネットショップや仲介業などペーパーカンパニーと呼ばれる事業者とでは、銀行から融資を受ける場合に審査の如何に関わってきます。事業を進めていく上で、事業を拡大していくこと...

お店を経営して事業を行っていく上で、電気代やガス代、営業者のガソリン代に整備費用などと色々とお金がかかってきます。ものを生産したり売買するために必要なお金を経費と言い、先ほどの例以外にも細かいものから大きなものまで多くの経費が発生しています。これは、お店を構える事業者だけでなく副業や内職の場合においても少なからずは経費が発生しています。そして、事業を拡大して軌道に乗ってくるとお客の数も増えてきたり...