売掛・買掛台帳での白色申告のメリット・デメリット

小売店や工場を経営するうえで、ものを仕入れねときにクレジット払いする人はいないかと思いますが、何時も現金払い出来るとは限りません。また、洋服の仕立てやオーダーメイドでものを製作して売る場合や得意先で後払いとなったときなど、現金が入ってこないこともあります。このように、商売をするうえで、ものやサービスの履行に対して現金の流れとタイムラグが生じることがあります。

 

このような取引を信用取引や掛け取引と言っており、現金化出来たときに掛け取引は終了となりますが、未収金のまま相手先が倒産したり抵当に入ってしまうと不渡と言い、現金が入ってこなくなってしまいます。

 

また、何時誰に幾らのものを取引したのか覚えておく必要があり、請求期限がきたら請求書を発行して相手から現金を入金してもらわないと、こちらの商売も成り立ちませんし、倒産してしまいます。

 

このためには、売掛・買掛台帳を記帳して管理する必要があります。売掛・買掛台帳を記帳するうえで、買掛と未払いを取り違えることがありますが、買掛は自分が生産するための原材料を仕入れたときに使い、生産とは異なる目的でものを購入したがまだ支払っていないときはね未払い金となります。

 

白色申告している事業者や副業者においても自分の信用をなくさないためにも、売掛・買掛台帳の記帳管理を行うことをお勧めします。副業や内職によっては、原材料を仕入れないといけないこともありますので、覚書程度でも記帳しておくべきでしよう。