自営業が借入するクレストフォービズ

自営業が借入するクレストフォービズの特徴

クレストフォービズは、信販会社最大手のオリココーポーレーションが提供している自営業専用のカードローンになります。

 

オリココーポーレーションでは、他にも一般個人向けのカードローンや事業者向けのカードローンなども提供しており、クレジットカードの知名度を生かしたサービスを展開しています。

 

オリココーポーレーションが、クレストフォービズを自営業専用としているのは、総量規制の対象から除外させるためにあります。

 

自営業の場合、一般サラリーマンのように月給で毎月決まった収入が入るわけではなく、季節や流行、気象条件により大きく売り上げが変動してしまうことになり、収入が一定しないのが常にあります。

 

この為、今は売り上げが順調に伸びていたとしても、昨年、何らかの影響で一時的に売り上げが落ち込んでしまっていたようなケースがあります。

 

この点、総量規制の対象外となっていれば、自営業者は売り上げの目標を明確に定めて、売り上げ努力さえすれば融資を受けられるのです。

 

クレストフォービズは、申込もカードの年会費も無料となっていますので経費の節約にもなり助かることになります。

 

カードローンには年会費を必要とするものがあるのですが、確かに多くの特典などが付加されていますが、高額な年会費を必要とすることが多くあり、頻繁に特典を利用する人でない限り元を取ることは難しくなります。

 

また、ビジネス専用のラウンジが1年間無料で使用できる特典がありますので、商談場所として活用することが出来ます。

 

 

自営業でクレストフォービズから借入する

オリココーポーレーションのクレストフォービズのカードローンにより借入を行うには、まず申し込み手続きを行わなくてはいけません。

 

クレストフォービズの申し込みに至っては、まずオリココーポーレーションが振り替えできる銀行口座を事前に作っておけば、後は、インターネットのオリココーポーレーションのホームページから申し込みすることができます。

 

インターネットが苦手な人は、オリココーポーレーションの店頭窓口でも申し込み手続きができますので、分からないことは確認しながら申し込み手続きを行うことができます。

 

金融機関などからお金を借入する場合に大切なことが、金利の比較検討になります。たとえ数パーセントの金利差であっても、借入額が多くなるに従って利息の負担額が増してきますので、少しでも安い金利のほうが後々の負担を考えると多少の手続きの手間を惜しんではいけません。

 

クレストフォービズの金利は、利用限度によって金利が異なっています。利用限度額が低いほど金利が高めの設定となり、利用限度額が高くなるにつれて金利が低くなっています。

 

最大利用限度額の300万円とした場合の金利は、6.0%から15.0%となっていますが、金利に幅があるのは、得意先顧客になるほど金利が低くなり、初めての顧客では大抵は、最高の15.0%の金利が適用されるようです。

 

ただ、オリココーポーレーションでは販促の一環でキャンペーンを行っています。キャンペーン中にクレストフォービズを申し込みすると、金利を2.0%優遇されることになりますので見逃せない情報となります。

 

 

クレストフォービズから借入するときの審査

クレストフォービズで融資を受けて借入を行うのには、申し込み手続きを行うことから始めます。

 

オリココーポーレーションでは、まず最初の申し込み時にいて、申込者にあたり借主の所在の確認と延滞事故や借金の整理を行ったかどうかを審査することになります。

 

最初の申し込み時に、素性が知られたくないとか、身内に内緒で融資を受けたいなどの理由で、偽りの住所や連絡先電話番号、酷い時は氏名も偽装することもあるようです。

 

しかし、住所や氏名、屋号などは役所の住民基本台帳や家屋台帳、資産台帳の閲覧を身分証明書と合わせて申し込みすれば誰でも閲覧できますので、偽ってもバレてしまいます。

 

しかも、偽りが判明することになれば、融資の申し込みが拒否されるだけでなく、信用保証協会にも偽って申請したことを登録されてしまうことになりますので、他の金融機関で正しく融資の申し込みを行っても審査で拒否される羽目になりますので、くれぐれも偽り無いよう申請書は正しく書きましょう。

 

オリココーポーレーションのクレストフォービズでは、一次審査が通ると正式な申し込み書や契約書、事業状況報告書が郵送されてきます。

 

クレストフォービズは、無担保かつ無保証人で融資を受けることが出来る代わりに、事業が正式に行われているか証明しなくてはいけません。

 

これは、資金が悪質なところへ流れることを防ぐためのものですから、たとえ赤字経営だとしても正直に事業状況を報告しましょう。

 

 

クレストフォービズから借入したときの返済

オリココーポーレーションは、信販会社で一般の人も使っているクレジットカードで馴染みかと思いますが、クレジットカードの返済は、基本的に翌月一括払いになります。

 

また、リボルビング払いによる分割も出来るようになっていますが、リボルビング払いの場合、結構高い金利が付いているのは皆さん承知のことでしようが。

 

ところで、クレストフォービズのカードローンも信販会社になるので、返済方法は翌月一括返済になるのでしないかと懸念している人もいるのではないでしょうか。

 

少額であったり、翌月大きな取引でまとまったお金が手に入れば一括返済もできますが、基本的にはリボルビング返済となっています。

 

クレストフォービズの返済方法は、残高スライド方式によるリボルビング払いとなっていますので注意が必要です。

 

カードローンは、最初に融資により借入を行った後、再び資金が必要となった時は、再度融資の申請を行うことなく、カードローンの利用限度額までなら何回でも融資により借入ができる便利なものになっています。

 

しかし、クレストフォービズの返済方法である残高スライド式リボルビング返済の場合、追加融資で借入を行うと元金が増加してしまうだけでなく、借入を行うのを止めたうえで一括完済しないと、永遠に返済を続けることになってしまいます。

 

残高スライド式リボルビング返済のように月々の返済額が少額になる方式では、自ずと返済期間が長くなり、それだけ利息分が余分にかかることを肝に銘じなくてはいけません。

 

 

自営業でクレストフォービズから借入するときの注意

オリココーポーレーションが提供するクレストフォービズは、基本的に他のカードローンの場合と使い勝手は変わりませんので、利用限度額までなら何度でも融資を受けることが可能になります。

 

オリココーポーレーションは、大手信販会社というスケールメリットを生かして、全国の銀行、信用金庫、信用組合のATMだけでなく、コンビニのATMから融資の借入を行うことができます。

 

また、大きな取引があり、まとまったお金が入った場合では、これら提携ATMから繰り上げ返済も行うことができます。

 

オリココーポーレーションのクレストフォービズの返済方法は、消費者金融のカードローン返済で多く採用されている残高スライド返済方式が基本となっています。

 

ただ、定額返済方式も選択出来るようになっています。残高スライド返済方式は、返済するごとに元金残高を精査して返済額を決定するものになります。

 

この為、返済額を低くすることも可能ですが、返済額が低いと利息の返済に時間がかかり元金がなかなか減らないことになってしまいます。

 

また、返済途中で追加融資を受ければ、返済額は上がってしまうだけでなく、その分の利息も加算されることになり元金が増えてしまうことになり、永遠に返済が終わらないことになり兼ねません。

 

また、返済額一定の方式も選択できますが、同様に返済途中で追加融資を受けると、返済額は一定ですが元金と利息が増えることになりますので、借入を行うだけ返済期間が長くなってしまいます。