自営業が借入するプロミス

自営業が借入するプロミスの特徴

プロミスは大手の消費者金融になり、急にお金が必要になった時など、一度はプロミスのキャッシングを利用した人もいるのではないでしょうか。

 

プロミスは、銀行最大手の三井住友銀行と業務提携を行うことで、都市銀行が持つスケールメリットを生かした顧客サービスを展開しています。また、徹底した社員教員を行うことで商品サービスだけでなく、接遇面においても行き届いたサービスを提供されています。

 

この辺りも、初めて消費者金融を利用する人にとっては、安心して利用出来る環境を整えていることが分かります。

 

消費者金融は、過去に別名、サラ金と呼ばれており、サラリーマンを対象としてフリーの貸付を行っており、今でも消費者金融=サラリーマンと思いがちですが、現在ではサラリーマンだけでなく女性会社員や専業主婦に至るまで多くの人が消費者金融を利用しています。

 

こうした中、プロミスは一般消費者へのサービスだけでなく自営業にも融資の窓口を開いています。自営業者は、いわゆる個人経営のお店で一般消費者と事業者の両面を持っているのではないでしょうか。

 

お店で使う車は、営業車でもあり家族を乗せる自家用車でもあります。また、光熱費も公私の区別は難しいものがあります。

 

こうしたことにプロミスは目をつけて、自営業専用のカードローンを用意したのです。自営業専用としての荷は理由があり、自営業者の場合、総量規制の対象から除外されるため、収入に捉われずに融資を受けることが出来るのです。

 

 

自営業でプロミスから借入する

消費者金融でキャッシングにより、お金を借入する時のイメージとして、消費者金融の店頭窓口か無人契約機と思っている人もいるのではないでしょうか。最近の消費者金融は、銀行と業務提携を行ったり、グループ企業として吸収されて銀行が持つ、インフラを共有することが多くなっています。

 

インターネットによる契約や、借入を行えるように整備されていることは多くなっていますが、高齢化社会を背景にパソコンやスマートフォーンが苦手な人にも対応できることが重要となってきます。

 

この為、従来からの店頭サービスやATMが数多くあるほど、利用しやすい環境が整っていることになります。これは自営業者にとっても同じことがいえ、後継ぎがいない自営業が多くなる一方で店主の高齢化が問題となっています。

 

パソコンによるインターネットバンキングが出来る人は問題ありませんが、そうでない人は従来からの店頭窓口やATMを探さないといけません。

 

三井住友銀行であれば、日本全国に営業店やATMが配置されているだけでなく、三井住友銀行が提携する銀行や信用金庫、信用組合のATMからも融資の借入を行うことが出来ますので、自分が取引している銀行でプロミスの事業者カードローンが使えてしまうことになるのです。

 

それでも、お金は必要だけどなかなか銀行に行くことができない人には、プロミスコールの電話からも通話料無料で融資の申し込みを行うことで、取引口座に即入金してくれます。

 

 

プロミスから借入するときの審査

消費者金融からの融資は、銀行の融資に比べると手続きが簡単で、申し込みから審査が降りるまでの時間も短いと言われています。

 

特にインターネットの普及により、パソコンやスマートフォーンから簡単に申し込みが行えるうえに、収入状況や他の融資の借入状況などの情報をパソコン上から入力して申し込みを行うことで、簡易審査まで行い結果を即日に知らせてくれます。

 

プロミスは、自営業専用カードローンとしたことで、総量規制の対象から除外されたため、収入の3分の1までしか借りられないことはなくなり、自営業者が必要とする額を利用限度額までなら融資により借入することが出来ます。

 

収入制限が無くなることで、厳格な収入確認の必要が無くなるため、審査事務を速やかに行うことが出来るのです。

 

このことは、昨年は自然災害など何らかの影響により、収入が減ってしまっていたとしても、現在は回復して順調な売り上げが確保されていれば返済が滞ることはなくなりますので、融資を行っても大丈夫ということになります。

 

自営業にとって融資が円滑に行えないことは、命取りになり兼ねません。余程の年商がある自営業であれば問題ありませんが、ほとんどが自転車操業の経営状態となるため運転資金が途絶えてしまうことは、即廃業に繋がってしまいます。

 

その点、プロミスは消費者金融の柔軟性を生かした審査を行っていますので、自営業にとっては強い味方になります。

 

 

プロミスから借入したときの返済

金融規制緩和により海外金融機関が参入してきており、預金業務だけでなく融資業務においても競争が激しくなり、新たな融資顧客の獲得に余念がありません。

 

特に、インターネット技術の普及と携帯電話網の急速な普及により、パソコンやスマートフォーンを利用したインターネットバンキングサービスが当たり前になっています。

 

インターネットによる融資の申し込みや借入などにおいても、インターネットから24時間365日休むことなくいつでも融資による借入ができるようになっています。

 

このように、融資による借入がいつでも行える環境が整っていますので、簡単にお金を借りることが出来るのです。

 

しかし、お金を借りたら、借りたお金を返さなくてはいけません。どのような融資においても返済する方法として、大抵は口座振替により自動引き落としとする場合がほとんどのようです。

 

しかし、一般サラリーマンのように月給で収入が安定しているのなら、毎月の返済に困ることは少ないのですが、自営業の場合は景気や流行、季節、気象条件により売り上げが大きく変動したりします。

 

また、取引先の入金が遅れたことにより引き落とし口座が残高不足により返済が遅れることが想定されます。

 

このような時、お金が入り次第返済に充てれば良いのですが、返済するための方法が用意されていなと意味がありません。

 

プロミスでは、三井住友銀行の窓口だけでなく銀行などのATMやコンビニのATMからも返済が可能となっていますので、いざという時には安心といえます。

 

 

自営業でプロミスから借入するときの注意

消費者金融最大手のプロミスが提供する自営業専用カードローンは、一般のカードローンと同じ感覚で融資が受けられるだけでなく、総量規制の対象から除外されていますので、収入に関係なく返す見込みがあれば利用限度額まで融資により借入することができるのです。

 

しかも、融資を受ける手段として、店頭窓口やATMだけでなく、インターネットや電話からも簡単に融資を受けることが出来ますので、利用者から見ると何ら不満も無いように思えます。

 

しかし、お金を借りるのに便利過ぎると、ついつい使い過ぎてしまうことが多くあり、多重債務者や借金の整理に陥る人のほとんどが、カードローンやキャッシングによる融資の使い過ぎで、自分の収入を超えてしまい返済が出来ないような状態に陥ってしまうことにあります。

 

特に、プロミスの自営業専用カードローンでは、総量規制の対象外となっていますので、返せる見込みがあれば利用限度額まで融資を受けることが出来ますので、借りる人の自制心がないと借り過ぎた時は、多額の借金が残る羽目になります。

 

また、プロミスの自営業専用カードローンでは、運転資金など店の経営に関わる使途による融資だけでなく、プライベートでの融資も可能としています。

 

この為、資金計画や運用計画をしっかり立てていないと公私の区別がつかなくなってしまう恐れがあるだけでなく、やはりカードローンの使い過ぎにもなり兼ねませんので、くれぐれも計画的に利用することが大切になります。