個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い | 事業資金 借入 個人事業主


事業性融資は総量規制の対象外だから、心配無用!
個人事業主に柔軟な融資で、
有効な事業資金調達の
方法について解説しています。

個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い

個人事業主の事業資金はどこから借りると良いでしょうか?意外に個人事業主にはその資金調達の選択肢が多いため、それぞれの特徴や長所を把握して、有効に活用したいものです。

まずは通常の銀行の融資があります。様々な業種、目的で融資が行われています。事業を大きくしようとするときなどにメリットがありますが、審査の厳しさと融資には使途が明確である物に限られる事などがデメリットでもあります。

国や自治体が用意した公的融資制度という選択肢があります。中小企業が主な対象ですが、個人事業主を対象としたものもあります。利率は好条件なので、利用出来るなら利用したいところです。創業時などの融資を支援するものもあるため、創業間もない個人事業主にとってやや利用しやすいですが、こちらもその事業に関しての創業前での実務経験などが要件になっていたり、状況によっては担保や保証人が求められる場合もあります。

また定義はそれほどはっきりしていませんが、ビジネスローンというサービスもあります。こちらは銀行系のものと民間系のものがあり、銀行系のビジネスローンは審査は厳しく利率面で有利、逆に民間系のものは審査がやや柔軟でありますが、その反面利率は高め設定されています。

銀行系ビジネスローンは保証人や担保を求められるのが普通で、民間系の場合は保証人や担保が不要であることがメリットですが、担保、特に不動産を担保にした場合には利率や融資限度額など様々な面で有利になるので、経営の状況によっては担保を設定する事もひとつの考え方と言えます。

個人事業主の融資
銀行融資と公的融資
事業資金とビジネスローン
個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い
New!
個人事業主の事業資金借入先は
意外と選択肢が多い!
その選ぶポイントとは?

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある
PicKup
銀行や公的融資による融資は
担保が必要になってしまう
ケースも多々あるというワケとは?

ビジネスローンの借入から毎月の返済までの流れ
Point
とっても簡単で便利!
ビジネスローンの借入から
毎月の返済までの流れ