銀行が事業資金を貸したい個人事業主はこんな人 | 事業資金 借入 個人事業主


事業性融資は総量規制の対象外だから、心配無用!
個人事業主に柔軟な融資で、
有効な事業資金調達の
方法について解説しています。

銀行が事業資金を貸したい個人事業主はこんな人

融資金の審査を受けるためには審査というハードルがありますが、このハードルを通過するためには、審査する方の立場になって考えてみると、審査を通すために必要なことが見えてくる場合もあります。

銀行系の審査は厳しいですが、利率が低いことなど魅力があることも事実です。その銀行が貸したくなるような個人事業主はどのような人でしょうか?

まず、融資したお金を期日をしっかり守って確実に返済してくれる人に貸したいと思うのが普通だと思います。審査ではその返済の確実性が見られるのですが、どのようなところで判断されるのでしょうか?

返済されるかどうかの確実性を見るために最も重要なのが決算書になります。決算書のうち損益計算書ではその事業の収益性が判斷され、貸借対照表ではその財産の健全性が判斷されます。

収益力が高ければ、今後も利益を生み出していくだろうと判斷され、その収益が家計に流れずに元入金として蓄積されていれば、その個人企業の財政は健全であると判斷されるでしょう。しっかり事業の資金として留保されているのであれば、しっかり返済してくれると思えます。

この場合、税金対策として黒字を少なく計上していた場合にはそれはそのまま判斷されます。その分を大目に見てくれるという事は無いので、節税対策がアダになる場合も有り得ます。

また、個人事業主が個人で借り入れをしていたことがあり、その際に期日を守ってしっかり返済していた経歴があるのであれば、どの個人事業主は期日をしっかり守る人物である事が認められます。期日を守らないルーズな人には貸したくないのはあたりまえでしょう。

さらに、もし返済できなかった場合に、担保となる資産がしっかりと価値のあるものであれば安心ですし、保証人も地位のある方であればより信頼もますでしょう。

この点がわかれば、審査の際にどのようなポイントが重要なのかがわかり、審査の対策も練りやすくなるでしょう。

個人事業主の融資
銀行融資と公的融資
事業資金とビジネスローン
個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い
New!
個人事業主の事業資金借入先は
意外と選択肢が多い!
その選ぶポイントとは?

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある
PicKup
銀行や公的融資による融資は
担保が必要になってしまう
ケースも多々あるというワケとは?

ビジネスローンの借入から毎月の返済までの流れ
Point
とっても簡単で便利!
ビジネスローンの借入から
毎月の返済までの流れ