創業間もない個人事業主は銀行融資を受けられない? | 事業資金 借入 個人事業主


事業性融資は総量規制の対象外だから、心配無用!
個人事業主に柔軟な融資で、
有効な事業資金調達の
方法について解説しています。

創業間もない個人事業主は銀行融資を受けられない?

創業間もない個人事業主は銀行から融資をして貰えるのでしょうか?

一般的に言って、個人事業主にとって銀行から融資を受けるのはハードルが高いと言われています。個人事業主はしかも創業間もない状況では、銀行にとってその後の経営がうまくいくかどうかを判断するには情報が少ないと思われ、融資に相手としては不安要素が大きいと思われます。

自己資金が豊富で、その創業する事業での創業前の実績などの状況が、審査の際に作成した資料によって銀行側に認められる場合には融資が実行される可能性はありますが、そのハードルはかなり高いと思われます。実際に同業すぐの個人事業主が銀行に融資をしてもらえるというのは、なかなか難しい状況と思われます。

公的融資制度では、創業すぐの個人事業主も対象とした融資制度がありますが、個人事業主を対象としている分ややハードルは低めになっていますが、その分野での創業前の実績などの一定の基準を満たしている場合には可能性があるかもしれません。

いずれも審査にあたっての書類はかなり多くを求められるので、準備はかなり負担があります。その分利率の面では有利になっているので、利率にこだわるなら試されてみてもよいでしょう。

そういった審査の負担やあまり柔軟な活用が難しい銀行融資や公的融資では活用が困難と思われるのであれば、利率ではやや不利ですが、民間のビジネスローンであればかなり柔軟な活用が可能になります。事業をとりまく様々な状況の変化に柔軟に対応していく時にとても役に立つのが民間のビジネスローンなので、戦略に応じてそれぞれの金融機関を使い分けるというのもよいでしょう。

個人事業主の融資
銀行融資と公的融資
事業資金とビジネスローン
個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い
New!
個人事業主の事業資金借入先は
意外と選択肢が多い!
その選ぶポイントとは?

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある
PicKup
銀行や公的融資による融資は
担保が必要になってしまう
ケースも多々あるというワケとは?

ビジネスローンの借入から毎月の返済までの流れ
Point
とっても簡単で便利!
ビジネスローンの借入から
毎月の返済までの流れ