自営業の事業資金調達方法 融資記事一覧

自営業を営むにあたって、資金調達を行う必要があります。この資金調達といえば、銀行を連想する人というのは少なくないでしょう。 しかし、実際に民間の金融機関である都市銀行や地方銀行などから融資を受けるというのは、自営業や中小企業にとってとても難しい問題になってきます。 というのも、自営業や中小企業というのは多くの担保を持っているわけではないケースが多いですし、強い実績を持っていないと融資を行っていない...

資金調達を行う際、自己資金を投入したり金融機関などからの融資を受けるというのは一般的な方法ですが、最近では公的融資を利用する自営業の人たちが増えてきています。 公的融資というのは民間の金融機関つまり銀行などと比較すると圧倒的に借りやすくなっているという魅力があります。 特に、自営業であったり中小企業であったりした場合、担保などの十分な信用がなくては銀行などからの優勝を受けるのが難しいという側面があ...

会社勤めをしていると、税金というのはほとんどが給料から引かれていたため意識しなくてもよかったのですが、自営業を行うとなると税金の計算を行ったり、税務署に申告を行ったりしなくてはなりません。 そこでここでは、自営業の人が支払わなくてはならない税金について紹介していきたいと思います。●所得税所得税というのは、収入から経費や控除額などを差し引いた所得にかかってくる税金のことです。 前年分の所得を確定申告...

新しく事業を始めるといった場合自営業として始めるのか法人として始めるのかという選択肢を選ぶことが出来ます。 2006年に新会社法が施行されたことによって、株式会社を設立する際にも最低資本金が1円から可能になりました。 そのため、昔と比べると株式会社を立ち上げるつまり法人を立ち上げるというのもとても簡単になってきたといえます。 そんな中でも、自営業として自営業を営んでいくということに対してメリットは...

自営業を営むに当たって、運転資金が必要になってきます。運転資金とは、開業してから事業を運営していくために必要となってくる資金のことで、毎月必ず発生してくる「固定費」と売上によって支払いの量が変わってくる「変動費」の二つがあります。 自営業というのは、開業したばかりの頃は売り上げを見込むことが出来ないので、最初の段階である程度まとまった運転資金を準備しておかなくては資金繰りが苦しくなってくるというの...

自営業を営む上で、自営業としての届出が税務署などに必要となってきます。この届出に関してですが、従業員を雇用するかどうかによって届出の種類が変わってくるので事前にチェックしておいたほうが良いでしょう。 開業の手続きが面倒だと感じる人も多くいるでしょうが、法人の場合と比較すると圧倒的に作業量が少なくなっていて、すぐに済ませることができるものばかりですのでそこまで心配しなくても大丈夫です。自営業の開業手...

自営業の開業に必要となる費用の目安というのは大体が決まっているとされています。そのため、これから自分がやろうと思っている事業の開発費用はどの程度のものかというのを参考にしてみてはいかがでしょうか。●小売業・平均1146万円・2000万円以上:13.2%・1000万円以上2000万円未満:26.0%・500万円以上1000万円未満:33.3%・500万円未満:27.4%●飲食店・宿泊業・平均1608...

自営業として事業を開業するとき働く場所をどこに置くかということはとても重要なポイントの一つになってきます。 最近の自営業の人達に多く見られるのが自宅を使った開業です。 ここでは、自宅開業でのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。●自宅で開業することのメリット自営業を行う際に、自宅で開業することでのメリットというのはとても大きなものがあります。 まず一つ上げられるのが資金やコストを...

自営業を行っていると、所得税を納めなくてはなりません。この所得税というのが、思った以上に大きな金額になりがちで、多くの自営業者が苦しんでいます。 この所得税を計算する際には、所得控除を活用するようにしましょう。 所得控除というのは、様々な税金の負担を軽くするための控除のことを言います。 とても多くの種類があるので、自分自身にどのような控除が当てはまるのかを確認しておきましょう。●障害者控除: 納税...