自営業と法人の違いについて

 

新しく事業を始めるといった場合

 

自営業として始めるのか法人として始めるのかという選択肢を選ぶことが出来ます。 2006年に新会社法が施行されたことによって、株式会社を設立する際にも最低資本金が1円から可能になりました。 そのため、昔と比べると株式会社を立ち上げるつまり法人を立ち上げるというのもとても簡単になってきたといえます。 そんな中でも、自営業として自営業を営んでいくということに対してメリットはあるのでしょうか。 ここでは、自営業と法人の違いについて紹介していきたいと思います。

 

■自営業と法人の主な違い

 

●手続き
自営業:難しい手続きはなく、短い期間ですぐに手続きを完了することができる
法人:法人化のための手続きに様々な書類を提出しなくてはならないため、難易度が高い

 

●資本金
自営業:自営業は資本金がなくても始めることができる
法人:新会社法の施行によって、1円以上の資本金があれば設立することができるようになった

 

●人数
自営業:設立に必要な人数は特になし
法人:1人以上入れば設立をすることができるか、会社の携帯によっては役員を4人以上用意する

 

●事業内容を変更する際
自営業:自営業は特に事業内容を変更するための手続きなどが必要ないため、自由に変えることができる
法人:定款の変更をしなくては事業内容を変更することが出来ないため、自由度が低い

 

●廃業手続き
自営業:廃業のための手続きというのは特に必要なくいつでも辞めることができる
法人:法人では廃業をするためには一定の手続きを行う必要がある

 

●決算報告
自営業:自営業は決算報告を行う必要はないが、確定申告などを行わなくてはならない
法人:出資者や株主などに報告するための決算報告を作らなくてはならない

 

●リスク
自営業:自営業では、無限責任となっているため、事業が失敗してしまった場合すべて自分の責任となってしまう
法人:法人では有限責任が採用されており、個人がすべての責任を負うといったことはない

 

このように、自営業として事業を立ち上げるのか、法人として事業を立ち上げるのかによって大きな違いが出てきます。 特に大きな違いとして挙げることができるのが責任の問題です。 自営業を始める人は事業の失敗がすべて自分自身に帰ってくるということを覚えておきましょう。
■自営業の資金調達におすすめのビジネスローン
■ビジネクスト

 

不景気な経済状況が続いており、先行きが見えない現代では、金融機関などから融資を受けようと思っても貸し渋りが起こっているというのが実状です。 そこで、自営業や中小企業といったところでは事業資金の調達が思ったように出来ないというところが増えてきています。 そんな中、自営業などに積極的に融資を行っているのがビジネクストです。 融資金額については50万円から1000万円と幅広い融資金額になっていて、金利は100万円以上の場合は8.0%から15.0%、100万円未満であれば13.0%から18.0%となっています。 担保や保証人は原則不要となっているので、審査の内容も比較的易しめになっています。 運転資金の調達や、事業拡大の資金調達といった様々な場面で役立ってくれるでしょう。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■シンキ・オーナーズセレクトカード

 

シンキ・オーナーズセレクトカードは、金融機関の貸し渋りなどによって事業資金の調達などがままならないような自営業や中小企業などでも安心して利用することができるビジネスローンを提供しているところです。 融資金額に関しては、5万円から300万円となっており、幅広い融資金額を選択することができるという大きな魅力があります。 金利に関しては5万円から99万円が18.0%、100万円から200万円が15.0%、201万円から300万円が13.0%と限度額に応じて利息が設定されています。 また、保証人や担保などが不要であるため、審査をパスするためのハードルが低めに設定されているのも嬉しいことだといえるでしょう。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■プロミス

 

自営業に対して、融資をスムーズに行ってくれるというところはあまりありませんが、プロミスの自営者カードローンを利用することによって、比較的簡単にそしてスピーディーに融資を受け取ることが出来ます。 プロミスの自営者カードローンは、自営業を営んでいる人のためのビジネスローンで、最大300万円までの融資を受け取ることが出来ます。 また、金利に関しては6.3%から17.8%と無理のない金利になっています。 全国のATMやプロミスのATMなどから融資を受け取ることができるので、当日融資をすぐに受け取るといったことも可能です。

 

詳しくはこちら >>> プロミスの融資条件などのページへ

 

 

■モビット

 

急な資金調達であったり、運転資金の調達などに利用することができるのがモビットのキャッシングローンです。 モビットのキャッシングローンでは、1万円から500円までの融資を受けることが出来、保証人や担保が必要ないので審査が他のビジネスローンやキャッシングローンなどと比較するとハードルが低いといえるでしょう。

 

詳しくはこちら >>> モビットの融資条件などのページへ