所得控除を上手に活用しよう

 

自営業を行っていると、所得税を納めなくてはなりません。

 

この所得税というのが、思った以上に大きな金額になりがちで、多くの自営業者が苦しんでいます。 この所得税を計算する際には、所得控除を活用するようにしましょう。 所得控除というのは、様々な税金の負担を軽くするための控除のことを言います。 とても多くの種類があるので、自分自身にどのような控除が当てはまるのかを確認しておきましょう。

 

●障害者控除: 納税者本人、または控除対象配偶者や扶養家族に障害者がいる場合、1人につき27万円が控除。

 

●寡婦(寡夫)控除: 配偶者と死別、離婚などで所得の合計額が38万円以下の生計を共にする扶養親族がある場合27万円の控除。

 

●勤労学生控除: 給与所得のある学生で、所得の合計額が65万円以下、それ以外の所得の合計が10万円以下の者は27万円の控除。

 

●配偶者控除: 配偶者のうち、所得合計が一定の基準以下の場合に受けられる控除。一般の配偶者の控除額は38万円。同居特別障害者は35万円を加算。

 

●扶養控除: 親族の合計所得金額が38万円以下の場合、38万円の控除が受けられる。同居特別障害者は35万円を加算。 16歳以上23歳未満の者がいる場合は特定扶養親族となり、63万円の控除。70歳以上の者がいる場合は老人扶養親族となり、同居老親等以外は48万円、同居老親等は58万円。

 

●雑損控除: 住宅や事務所などが、災害、盗難、横領などによって損害を受けたときに受けられる控除。

 

●医療費控除: 本人または本人と生計を1つにする配偶者などに医療費がかかったときに受けられる控除。

 

●寄付金控除: 国や地方自治体などに5000円を超える寄付金をした場合に受けられる控除。特定寄付金の支出額と(所得合計金額×40%)のいずれか少ない金額-2000円

 

●基礎控除: すべての納税者が一律に受けられる、38万円の控除。

 

これらのほかにも、各都道府県や市町村自治体などによって控除の内容というのは変わってきます。 その地域特有の控除などもたくさん用意されているので、役所や税務署などに足を向けて必ず一度確認しておいたほうが良いでしょう。
■自営業の資金調達におすすめのビジネスローン
■ビジネクスト

 

自営業や中小企業、零細企業などがビジネスローンを利用するためには、審査をパスしたり、保証人を用意したり、担保を用意したりと多くのハードルを乗り越えていかなくてはなりません。 体力のない自営業や中小企業であれば、これらの審査内容パスすることが出来ずうまく資金調達を行うことが出来なくなってしまい思ったような事業内容を展開することが出来ないといった声を耳にします。 そこで利用したいのがビジネクストです。 ビジネクストでは、中小企業や自営業などに積極的に融資を行っているビジネスローンを用意しています。 保証人や担保などは原則不要で、誰でも利用することができ、融資金額は50万から1000万円と幅がかなり広く設定されています。 つなぎ資金の調達や、事業拡大のための資金調達といった様々な場面で利用することが出来ます。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■シンキ・オーナーズセレクトカード

 

自営業や中小企業が、経営を行っていく上で資金の調達という部分がとても重要になってきます。 この資金の調達を上手に使うことによって、運転資金の調達を行ったり、つなぎ資金の調達を行ったりと様々な場面で役に立ちます。 しかし、先行き不透明な経済不況によって、なかなか資金調達を行うことが出来ないといった自営業や中小企業が増えてきています。 そこで利用されているのがシンキ・オーナーズセレクトカードです。 シンキ・オーナーズセレクトカードでは、担保や保証人を不要としており、融資金額が5万円から300万円となっています。 比較的審査の内容が緩くなっているので、銀行などから融資を受けることが出来なかったといって人でもシンキ・オーナーズセレクトカードを選択することによって、安定して簡単に資金調達を行うことができると人気を集めています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■プロミス

 

自営業などの経営状況の厳しさが増していると言われている現代ですが、これは単純に資金調達が難しいために起こっているとも言われています。 そのため、ビジネスローンに注目が集まっておりその中でも特に人気を集めているのがプロミスの自営者カードローンです。 プロミスの自営者カードローンは保証人や担保が必要ないにもかかわらず、300万円までの融資を受け取ることができるので、安定して利用することができるビジネスローンだといえるでしょう。 また、ATMなどから借り入れを行うことができるというのも嬉しいポイントです。

 

詳しくはこちら >>> プロミスの融資条件などのページへ

 

 

■モビット

 

モビットのキャッシングローンは、運転資金やつなぎ資金などの調達に利用しやすく、自営業の人でも利用することができるキャッシングローンとなっています。 利用できる金額は1万円から500万円までとなっていて、全国のATMから貸し付けを受けることができるのでとても便利です。

 

詳しくはこちら >>> モビットの融資条件などのページへ