自宅開業のメリットとデメリットについて

 

自営業として

 

事業を開業するとき働く場所をどこに置くかということはとても重要なポイントの一つになってきます。 最近の自営業の人達に多く見られるのが自宅を使った開業です。 ここでは、自宅開業でのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

 

●自宅で開業することのメリット

 

自営業を行う際に、自宅で開業することでのメリットというのはとても大きなものがあります。 まず一つ上げられるのが資金やコストを最小限に抑えることができるということです。 独立をする場合、資金やコストといった面はとても大きな障害として立ちはだかります。 特に開業して間もない時期というのは売り上げの見込みなどが少なく、急にまとまった資金を得ることは難しいといえるでしょう。 そのため、家賃や人件費といった固定費が大きくかかってきてしまいます。 そこで、自宅での開業を行うことによって、オフィスなどを借りる必要がなくなり、これらの固定費用を抑えることができるようになります。

 

また、事業を継続して続けていくうちに別途でオフィスを借りることもできるので、柔軟な事業を展開することもできるでしょう。 これに加えて、家賃を経費の一部として計算することができるようになるというのもメリットの一つだといえるでしょう。 例えば、マンションなどに住んでいる人が自営業としてマンションの住所を登記した場合、この家賃というのが経費の一部として計算することができるようになります。 もちろん、マンションのオーナーといった人たちの許可を得なければトラブルの原因になりがちですので、先に確認しておくことが望ましいのですが、基本的には断ることはないでしょう。 その他にも、交通費がかからないこともメリットとして挙げることができるかと思います。
●自宅での開業のデメリット
このように、自宅を使って開業をすることというのは

 

メリットがたくさんありますが、デメリットも少なからず存在していることを忘れずにいましょう。 まず始めに挙げられるデメリットとして自宅をオフィスにすることによって仕事とプライベートの境界が曖昧になってしまうということです。 家にいる間は常に仕事をしているといった自営業の方は少なくないかと思います。 しかし、オフィスを別に借りることによって、家に帰ったらオフ、職場に行ったらオンにするといったふうにメリハリがつくようになるのでプライベートの時間をしっかりと確保することができるようになるはずです。

 

次に挙げられるのが、自宅をある程度見栄えの良いものにしておかなくてはならないということです。 自営業として開業するということは、提携先との打ち合わせであったり、従業員を雇う場合であったりすると自宅に人が来ることも考慮しなくてはなりません。 そのため、部屋を綺麗にしておくというのは当たり前のことですが、玄関に花を飾っておいたり、わかりやすい表札を掲げておかなくてはならないといった部分が出てきます。 この問題については、近くの喫茶店を利用することで回避するといったことも考えられますが、やはりオフィスを持っている自営業と比べると肩身が苦しくなってしまう部分があります。 その他にも、自営業として自宅を登記してしまうと、インターネットショッピングといったものを開業した時に自宅がインターネットを通じて全世界に配信されてしまうといったデメリットもあります。
■自営業の資金調達におすすめのビジネスローン
■ビジネクスト

 

ビジネクストは、中小企業などへの事業資金の調達手段として使われているだけでなく、自営業でも手軽に利用することができると人気を集めています。 ビジネクストの融資対象者は、20歳から69才までの法人もしくは自営業となっており、融資額は50万円から1000万円となっています。 融資額の幅がとても広いので、使い勝手が非常に良い、というのがビジネクストの大きな魅力の一つでしょう。 担保や保証人などが原則不要であるため、自営業でもとても使いやすいといえます。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■シンキ・オーナーズセレクトカード

 

ビジネスローンを利用する上で最大のハードルとなるのが審査ではないでしょうか。 この審査というのは、中小企業や自営業になればとても審査が難しくなってきて、資金繰りに苦労するという人も少なくないでしょう。 その時、利用したいのがシンキ・オーナーズセレクトカードです。 シンキ・オーナーズセレクトカードでは、何度でも繰り返し利用することができる安定して資金調達を行うことができるとして多くの自営業などから人気を集めています。 保証人や担保が不要で、審査の内容が比較的緩めに設定されています。 シンキ・オーナーズセレクトカードの融資額は5万円から300万円と、非常に使い勝手の良い金額帯が設定されています。 また、24時間リアルタイムでいつでも融資を受けることができるというのも大きなメリットといえるでしょう。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■プロミス

 

中小企業や自営業がビジネスローンを利用するためには、できるだけ審査がゆるい所が安定して利用できるといえるでしょう。 そこでをおすすめしたいのがプロミスの自営者カードローンです。 プロミスの自営者カードローンでは、保証人や担保が不要で、当日中の利用が可能となっています。 もちろん、資金の使い道は自由で事業資金に使うだけでなくプライベートな資金としても利用することが出来ます。 また、全国のプロミスのATMなどで自由に出し入れができるので、24時間の利用も可能です。 融資を受けることができる金額は300万円までとなっていて、金利は6.3%から17.8%となっています。

 

詳しくはこちら >>> プロミスの融資条件などのページへ

 

 

■モビット

 

自営業の運転資金を調達する手段のひとつとしてモビットのキャッシングローンを使うというものもあります。 モビットのキャッシングローンでは、融資金額を1万円から500万円まで受け取ることが出来、金利については4.80%から18.00%となっています。 ATMなどから振込貸し付けを行っているので、資金が必要なときにすぐに利用することができるというメリットがあります。

 

詳しくはこちら >>> モビットの融資条件などのページへ