自営業が支払わなくてはならない税金

 

会社勤めをしていると、税金というのはほとんどが給料から引かれていたため

 

意識しなくてもよかったのですが、自営業を行うとなると税金の計算を行ったり、税務署に申告を行ったりしなくてはなりません。 そこでここでは、自営業の人が支払わなくてはならない税金について紹介していきたいと思います。

 

●所得税

 

所得税というのは、収入から経費や控除額などを差し引いた所得にかかってくる税金のことです。 前年分の所得を確定申告することによって税金を納めなくてはなりません。

 

●住民税

 

自治体から行政サービスを受けるためには住民税を納めなくてはなりません。 住民税には「市町村民税」と「都道府県民税」があります。 住民税の申告というのは、所得税の確定申告を提出していれば特に必要はありません。

 

●事業税

 

事業税というのは、事業を行っていることに対する税金です。 この事業税の申告というのも、確定申告と同時に自治体から納付書が送られてくるので特に意識する必要はないでしょう。

 

●国民健康保険税

 

国民健康保険税は、国民健康保険を受けるための税金です。 これは所得税によって金額が変わってくるので場合によっては事業税などよりも国民健康保険税の方が高くつくこともあるようです。

 

>h4>●固定資産税 もしも自分の土地を持っていたり建物を持っている場合は、固定資産税を支払わなくてはならない場合があります。 こちらも、基本的には申請を行う必要はなく、市町村から納付書が送られてきます。

 

●償却資産税

 

償却資産税というのは固定資産税の一つです。 10万円以上の機械や器具などを所有している場合かかってくる税金となっており、1月31日までに市町村に申告をしなくてはなりません。

 

●消費税 消費税は、前々年度の課税売上高が1000万円を超えた自営業者に対して消費税が課せられるというものです。 このように、自営業を営む上で納めなくてはならない税金というのはいくつかありますが、ほとんどは自治体などから自動的に納付書が送られてくるものばかりです。 都道府県や自治体によって、納めなくてはならない税金の種類であったり、金額などが変わってくることもあるので、きちんと確認を取っておくのが良いでしょう。 わからないことがあったら役場などに足を運んで話を聞いてみるようにすることをおすすめします。
■自営業の資金調達におすすめのビジネスローン
■ビジネクスト

 

日本の企業の97%近くを占めているとされている中小企業や自営業ですが、経済状況が厳しさを増しているため運転資金を確保するのが難しいと言われています。 そんな、中小企業や自営業に向けてビジネスローンを提供しているのがビジネクストです。 ビジネクストでは、運転資金を確保する上で問題になりがちな連帯保証人であったり、担保の問題であったりといった部分を原則不要としているため、非常に利用しやすいビジネスローンを展開しています。 融資額は50万から1000万円と幅広く融資を受けることが出来、運転資金の調達などにビジネクストは非常に魅力的なビジネスローンだといえるでしょう。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■シンキ・オーナーズセレクトカード

 

ビジネスローンを利用するためには、保証人や担保といた様々なハードルを乗り越えていかなくてはなりません。 しかし、中小企業や自営業といった場合であればこれらのハードルを乗り越えるのが難しいという部分が少なからずあります。 そのため、シンキ・オーナーズセレクトカードなどの保証人や担保が不要のビジネスローンが注目を集めています。 シンキ・オーナーズセレクトカードでは、融資金額は5万円から300万円と幅広く設定されていて、借入はリアルタイムで24時間いつでも利用することが出来ます。 また金利に関しては5万円から99万円が18.0%、100万円から200万円が15.0%、201万円から300万円が13.0%と限度額に応じて利息が設定されています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

 

 

 

 

 

■プロミス

 

事業資金の調達手段として、人気を集めているのがプロミスの自営者カードローンです。 自営業者にとって事業資金の調達というのは難しい審査をくぐり抜けなくてはなりませんが、プロミスの自営者カードローンでは、特に難しい審査もなく担保や保証人が原則不要で融資を受けることが出来ます。 受け取ることができる融資の金額は300万円までとなっており、金利は6.3%から17.8%となっています。 保証人や担保が必要ないので、自営業でも気楽に利用することができるとして人気を集めています。

 

詳しくはこちら >>> プロミスの融資条件などのページへ

 

 

■モビット

 

モビットのキャッシングローンでは、自営業者でも利用することが出来ます。 担保や保証人が必要ないので、資金調達を行いたい時にすぐに利用することができるというのが最大のメリットではないでしょうか。 利用限度額については1万円から500万円までとなっており、金利は4.80%から18.00%までとなっています。

 

詳しくはこちら >>> モビットの融資条件などのページへ