バーチャルオフィスを利用する

開業をするにあたって、とにかく費用を安く押さえたい…

 

開業,オフィス,バーチャル 最初のうちは利益がないため、余計なお金をかけることが出来ないという人もかなり多いはずです。 そのような方におすすめしたいのがバーチャルオフィスです。 バーチャルオフィスを利用することによって、事務所を借りることなくしっかりとした事務所を持っているという風に見せることが出来ます。

 

バーチャルオフィスというのは、ビジネスを行うための場所を借りることができる架空のオフィスのことです。 架空のオフィスといっても、きちんとした場所が提供されます。 開業するにあたって、事務所を立てる際住所や電話番号といったものが必要になります。 また、打ち合わせに必要な会議室であったり、スタッフとの打ち合わせの場所なども必要になります。 このような、最低でも必要なサービスや場所を確保するために事務所を用意するわけですが、それには多大な費用が必要となってしまいます。 バーチャルオフィスを選ぶことによって、月々の費用が数千円から数万円程度で済ませることができるため、事務所を開業したばかりの人や、これから開業しようと思っている方には良い選択になるかもしれません。 では、具体的にバーチャルオフィスが行っているサービスにはどのようなものがあるでしょうか。

 

・住所の提供= 都市部になると、有名な住所に事務所を構えているというだけで一つのステータスになります。 そのため、バーチャルオフィスを利用することによってネームバリューのある住所を手に入れることが出来、名刺やホームページ、郵送先などとして利用することが出来ます。 また、実際には自宅で仕事をしているという人でも、バーチャルオフィスを利用することによって事務所の住所がバーチャルオフィスの位置になるため、自宅の住所を隠しておくことが出来ます。 法人としてバーチャルオフィスを利用する場合は、別料金が発生することもあるので事前に確認しておきましょう。

 

・電話番号の提供= バーチャルオフィスを利用することによって、ビジネス用の電話番号を貸してもらえる場合があります。 例えば、自分の携帯電話からの発信であったとしても、固定電話からの発信のように見せることもできるように配慮されています。

 

開業,オフィス,バーチャル・電話代行サービス= 外出中など電話を受け取ることが出来ない場合に、自分の事務所もしくは会社の名前で電話を受けてくれるサービスを提供している場合があります。 自宅への電話や携帯電話などに転送してくれるサービスなどもあり、中にはあらかじめ指定しておいたメールアドレスに着信があった旨を伝えてくれるサービスなどもあります。 開業する以上、顧客からの電話は必ずとらなくてはなりません。 数人で運営する場合は特に問題ないかもしれませんが、少人数もしくは自分1人だけで開業する場合、電話代行サービスを重宝するというケースをかなり多いはずです。

 

・郵便物の受け取りサービス= バーチャルオフィスを利用して開業した場合、郵便物はバーチャルオフィスに届くことになります。 そのため、バーチャルオフィスのほとんどでは、指定された郵便先に転送してくれるサービスを投入しています。 直接バーチャルオフィスに郵便物を受け取りに行くこともできます。

 

・会議室貸与サービス= クライアントなどと、打ち合わせをするときに必要となる会議室。 そんな会議室を、事前に予約しておくことによって利用することができるバーチャルオフィスが増えています。 料金に関しては、時間制になっている場合がほとんど。

 

開業,オフィス,バーチャル・オフィススペースの提供= 数人が集まって作業をする場合に必要となるオフィススペースの貸し出しをしているバーチャルオフィスがいくつかあります。 デスクなど、必要最低限の環境はあらかじめ用意されているため、すぐに利用することが出来ます。

 

・ビジネスの運営サポート= 開業するにあたって、法人登記など、様々な手続きが必要になってきます。 レンタルオフィスの一部では、これらのビジネスの運営に関わることをサポートしてくれる場合もあります。

 

■バーチャルオフィスのメリットとデメリットについて

 

このように、バーチャルオフィスはいろいろなサービスを用意していながらも…

 

開業,オフィス,バーチャル 安く利用することができる便利なものです。 多くのバーチャルオフィスは、都市部の1等地の住所を用意しているため、ネームバリューを上げること、お客様への信頼感を上げることなどにも使うことが出来、営業を行うにあたって大きなメリットになります。 また、個人事業として1人で開業する場合でも、不在時に電話の対応をしてもらえるというのはかなり大きなメリットだといいます。 それに加えて、通常のオフィスであれば、税務署に開業届けを出す義務がありますが、バーチャルオフィスの場合は開業届けを出す必要がありません。 これらのメリットを考えると、これから開業しようと思っている人にとってバーチャルオフィスはかなり有益なもののように思えます。

 

しかし、必ずしもメリットばかりがあるというわけでもありません。 少なからずデメリットも存在しています。 その一つは、バーチャルオフィスを利用していることが相手にとって良く思われないことがあるということです。 バーチャルオフィスを利用するということは、実際に事務所を持っていないと考えられるケースが少なくなく、架空の会社のではないかと信頼を一気に失うということも珍しくありません。 実際にバーチャルオフィスを法人登記することもできるにもかかわらず、このように考える人が多いのはやはりバーチャルオフィスの知名度がまだまだ広まっていないと考えることができるかもしれません。 最近では、大手の企業でも営業所をバーチャルオフィスで開業するということも珍しくなく、これからバーチャルオフィスの知名度が広まるにつれてデメリットが少なくなっていくと考えられるでしょう。