物件の選び方について

開業するにあたって事務所を選ぶ時、どのような点を注意しておけば良いでしょうか。

 

開業,事務所,物件,選び,ポイント ●下見をきちんと行う
開業にあたり事務所を借りる場合、まずは候補となる場所を決めます。 例えば、駅の近くであったり、近くにバス停があったり、と言った立地条件をもちろんのこと、コンビニやスーパーなどが近くにあると何かと便利です。 そのような点を考慮しつつ、まずは候補となる場所の近くにある不動産屋さんに行ってみましょう。 不動産屋さんに行って、事務所を借りたいという旨を伝えると、業種や従業員の数、家賃の希望などいろいろな質問が出てくるかと思います。 その中で、いくつかの物件を実際に見て回って、気に入った物件を探し出すことから始めましょう。 ただしいきなり物件を決めるのではなく、一度持ち帰ってからじっくりと検討をしていくつかの物件を比較するようにすることが大切です。

 

●どのようなポイントを押さえておくか
実際に物件を見て回った際に、どのようなポイントを重視すればいいでしょうか。 あらかじめ条件を設定しておき、物件をもあるようにすると気に入った事務所を探しやすくなると思います。

 

・立地条件= 開業しようと思っている業種とマッチする場所にあるかどうかを確認します。 顧客が多くいるエリアのか、来客があった場合交通の便が良いかどうかなどをチェックします。

 

・広さ= 働く人数によって事務所の広さは変わってきます。 業種にもよりますが、最低でも1人あたりのスペースは一つご用意しておきたいと言われています。 また、資料やOA機器などを設置するスペースも確保しなくてはならないので、少し広めの物件を探すとよいでしょう。 もしも、従業員の数が増える予定があるのであれば、次の契約更新までに広めの場所を借りることができるように動くようにしましょう。

 

開業,事務所,物件,選び,ポイント・賃料= 毎月どれくらいの賃料が発生するのか、保証金はいくらなのか、共益費はいくらなのかなど、様々な費用をきちんと確認しておきましょう。 電気代や水道代、光熱費などが賃料に含まれている場合もあるため、事前に確認を怠ることなく。 一般的なマンションなどでは、1ヶ月単位での賃料が明示されていますが、事務所などの物件に関しては坪単位での賃料表記になることも珍しくありません。 坪単価と坪数をかけ合わせることで月額の賃料を計算することができます。

 

・設備= 電話回線の数や電気の容量、エアコンの台数、トイレなど、設備について細かくチェックすることは大切です。 ビルにある物件を借りる場合、ビル全体に警備会社との契約があるかどうかというのをチェックしておくようにしましょう。 また、業種によっては駐車場が必要になることも考えられるので、駐車場の使用時間なども確認しておきましょう。

 

・管理= セキュリティの管理はもちろんのこと、清掃などのサービスがついてくるのかどうかも確認しおきましょう。
■事務所の内装や看板について
無事に事務所の物件を決めたら、内装や看板などの見た目も整える必要があります。

 

開業,事務所,物件,選び,ポイント オフィスデザインの出来によっては、来客するお客さんの印象が大きく変わるため、会社のイメージアップに繋がるような事務所の内装を作り上げるようにしたいところです。 事務所を開業した最初のうちは、何かとお金が必要となってきて、あまり内装などにお金をかけたくないというのが実際のところではないでしょうか。

 

飲食業などであれば、内装はかなり重要なファクターとなりますか、司法書士であったり、WEB制作会社だったりであれば特に内装はこだわらなくてもよさそうなものです。 しかし、どの業種であっても少なからず来客があるもの。 売却してきた人に良い印象を持ってもらうことが人脈を作り上げることなどに繋がってくるため、最低限の清潔感のあるオフィスデザインを用意することは必要だといいます。

 

●内装のポイントについて

 

次のようなポイントを押さえておくことで、かなり見栄えを良くすることが出来ます。 いずれも、お金をかけることなくできる部分もあるため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

・エントランス= 来客があるときに、最初に目にするのがエントランスです。 そのため、エントランス作りは欠かせない内装の一つだといえます。 ドアを開けて部屋に入った時にいきなり事務所内が見えるのではなく、パーテーションなどを使って工夫するようにしましょう。 自宅を事務所として利用する場合、生活感のあるもの例えば靴や傘などが丸見えにならないように注意します。

 

開業,事務所,物件,選び,ポイント・机や椅子など= 机や椅子、棚などは統一感を持たせることが大切です。 安いものでも色や素材に統一感を持たせることによって清潔感がアップします。 インターネットでの購入も出来ますし、オフィス向けの通販雑誌などもあるため、これらを利用すると簡単にそろえることが出来ます。

 

・配線= OA機器はどうしても配線が多くなるため、ごちゃごちゃとしづらく、掃除もなかなか出来ません。 そのため、配線カバーや結束バンドを利用して配線を綺麗に整えるようにしましょう。