ホームページを作成する
事務所を開業して、いざ仕事をスタートしようと考えていたとしても…

 

開業,ホームページ,集客,宣伝 始めのうちはなかなか仕事を得ることが出来ないということも。 仕事を獲得するためには、営業を行ったり、広告や宣伝をする必要があります。 インターネットが十分に発展してきた現代ではホームページがないと会社の信頼を得ることが出来ないという風潮にあります。 仕事獲得するためにも、信頼を獲得するためにも必ずホームページを作成しましょう。

 

●ホームページの目的とは

 

ホームページを作成する目的というのは、事務所がどのような仕事をしているのか、どのようなサービスを提供することができるのか、どんな人が働いているのかというのを相手に伝えることです。 コーポレートサイトの中には、アクセスした瞬間オープニングムービーが流れてきて、「これはなんだろう」と相手を置いてけぼりにするようなものがいくつかありますが、それでは「格好いいなあ」程度の感想で終わってしまうことも。 大事なことは、何の事業をやっている会社なのかをしっかりと伝えること。 イメージ作りも大切ですが、事業内容やPRポイントを強調するようなホームページをつくることが大切です。

 

●ホームページは更新すること

 

企業のホームページにありがちなのが、作ったら作りっ放しというものです。 開業して最初のうちは、実績などがあまりないため更新することは少ないかもしれませんが、長く続けていくうちに実績がたまっていくはずです。 これらの実績をきちんとをホームページなどで告知しなくては、せっかくのビジネスチャンスを棒に振る可能性もあります。 情報を随時追加してしっかりと更新すること。 これによって、相手にきちんと営業していることを伝え、実績が増えることによって信頼感を増すという結果に繋がっていきます。

 

●ホームページを作成するためには

 

開業,ホームページ,集客,宣伝 一般的な企業であれば、ホームページの作成は業者に依頼するものです。 しかし、ホームページの制作会社にも得意な分野がそれぞれあります。 安いけれど、内容が薄いという業者もあれば、値段が高い代わりにクオリティの高いホームページをつくるというところも。 ほとんどのホームページ制作業者は最初の段階でいくつかのデザインを提供してくるはずです。 そのため、一つのホームページ制作業者に依頼するのではなくいくつかの業者に依頼して、それらの中から最も良いと思えるデザインのものを採用するというのも一つの手段です。 10ページ前後のホームページの作成の場合、側としては20万円から40万円ほど。 フラッシュムービーや、動画、webからの予約サービスなど、システムを組み込むことによって値段が前後します。 中には、制作費そのものは無料で、月々○万円といった形式のホームページ制作会社もあります。 また、できれば作成だけでなく更新までやってくれる業者を選ぶと良いでしょう。
■名刺を作ろう
開業してビジネスを営む以上、名刺は必要不可欠なアイテムです。

 

もしも、初対面の相手が名刺を持っていなかったら信頼を得ることが難しいといえます。 また、名刺を渡すことによって、名前や会社名などをしっかりと覚えてもらえるため、必ず用意しておかねばならないと言えます。 名刺を作る方法はいくつかあります。 ほとんどの方は、業者に依頼して名刺を作成しているかと思いますが、相応の費用がかかってしまいます。 名刺のデザイン費用から、印刷費用までかかるため、安く見積もっても数万円は出費に繋がるといえます。

 

開業して始めのうちは予算はあまりとることが出来ないケースもあるでしょう。 そのな場合は、自分で作成するというのも一つの手段です。 最近では、インターネットや無料ソフトなどを利用して、簡単に名刺のデザインを作り上げることが出来ます。 印刷に関しては、自分のプリンターを利用することで、ほとんどお金をかけることなく名刺を作ることも出来ます。

 

●業者に依頼する時のポイント

 

開業,ホームページ,集客,宣伝 多少の費用がかかったとしても、きちんとした名刺を作成したいという人もいるかと思います。 そのの場合は、どのような業者に頼むことがよいのでしょうか。 まず、名刺にインパクトを持たせ、相手に強い印象を持ってもらいたいと考えている場合は、印刷会社ではなくデザイン会社に名刺の制作を依頼するべきです。 同じ名刺であっても、デザイン会社が作る名刺というのはやはりインパクトが強く、相手の印象に残るような素晴らしいクオリティのものが提供されることが多いです。 しかしその分デザイン会社に依頼すると費用が高くなってしまうため、注意が必要です。

 

もう一つのポイントが、複数の会社に問い合わせてみるということです。 会社によっては、無料でサンプルを提供してくれるところも増えてきているので、それらのサンプルを比較してみたうえで、気に入ったところの業者を選ぶというのも有効な手段のひとつです。 これらは、名刺だけでなくチラシ作りなどでも同様のことが言えます。 ホームページや名刺は会社の顔になりうるアイテムなので、できるだけきちんとしたものを整えておきましょう。