従業員の雇用について

事務所を開業して、人手が足りなくなってきた場合は従業員を採用する必要が出てきます。

 

開業,求人,雇用,人件費 しかし、自分の思うような人材が集まってくるとは限りません。 そこでいきなり求人広告を出す前に、次のようなポイントを押さえておきましょう。

 

1.人物像を明確にする= 事業を立ち上げるに当たって、どのような人物が必要なのかということを明確にする必要があります。 一緒に働く人によっては、事業が成功するか失敗するかというのは大きく左右されてきます。 具体的に考えられるのが、スキルと人柄です。 スキルに関しては、雇用してから身につけてもらうという方法も考えられますが、開業したばかりであれば即戦力が欲しいと考えるのは当然のこと。 また、人柄に関してはこちらからの働きかけで帰ることができるものでもないことが多いため、面接の時点でしっかりと見極める必要があります。

 

2.育成計画を考えよう= 実際に従業員を雇ってからの育成計画ではすでに手遅れだといいます。 どのような人物を雇い、どのように育成していくかをしっかりと考えた上での雇用を計画するようにしましょう。

 

開業,求人,雇用,人件費3.雇用体系と採用人数= 開業したばかりの頃は、どれくらいの仕事量があるのかわからないことも多いですが、ある程度の人数というのは見えてくるものです。 そこで、何人ぐらい人を雇うのか、そしてパートやアルバイト、正社員といった「どの雇用体系で雇うのか」という点を考えてみましょう。 仮にアルバイトだとしても、フルタイムで勤務してもらえば正社員と変わらないほど賃金を払わなくてはなりません。 また、労働保険や社会保険の加入などの義務が発生する場合もあります。 どの程度の仕事を任せるのか、事業の将来性はどうなのかという点を踏まえた上でどの雇用形態で何人採用するのかを決めていきます。

 

4.賃金を決める= 人を雇う上で、賃金の決定というのは大きなポイントになります。 まず始めに考えなくてはならないのが「最低賃金」です。 最低賃金というのは、国が定めている最低限支払うべき賃金のこと。 地域や産業などによって異なるのですが、もしも最低賃金を下回るような賃金に設定してしまうと、違法となってしまうため必ず地域の最低賃金を確認した上で値段を設定しましょう。 賃金を決めるときの基準として、求人サイトなどを参照するという方法があります。 求人サイトには、それぞれの業種ごとにわかれて賃金が記載されているので、大いに参考になるでしょう。 これに加えて、通勤交通費をどれくらいにするのか、労働保険や社会保険額はどの程度になるのかという部分を加味した上で計算していきます。 事業としてしっかりと支払うことが出来そうだと判断できる賃金を考えていきます。 なお、助成金が出る場合もあるため、助成金がもらえるのかどうかというのも確認しておきましょう。
■求人広告を出そう
実際に雇用する人数や賃金などが決まったら、求人広告を出しましょう。

 

開業,求人,雇用,人件費 ●どのメディアを利用するか
求人広告を出す上で、とても重要になるのがメディアや媒体を選ぶことです。 若い人であれば、インターネットを利用したり、フリーペーパーを利用していることが多く、ある程度年配の方であればハローワークを利用するという傾向にあります。 いずれのメディアを利用しても、広告費用が必要になってくるため、募集人数がそう多くない場合は、厳選した媒体にのみ掲載したほうが良いケースもあります。 それぞれのメディアの特徴をとらえた上でどのメディアを利用するのかを考えていきましょう。

 

・新聞= 新聞に求人広告を出す場合、広告料が非常に高くなりますが、比較的真面目な性格の人が多く、年代としては30代以降の人が多いです。 また、キャリア採用を考えている人が多く利用しているという傾向もあります。

 

・フリーペーパー= コンビニや駅などに設置されているフリーペーパーの求人雑誌です。 フリーターの方や、主婦などが見る機会が多いようです。 年齢層に関しては、若い人が多いものの比較的幅広いといえます。 フリーペーパーを見てくれるから申し込む人も多いため、とにかく多くの人に求人広告を見て欲しいという場合に重宝します。 なお、広告掲載料は他のメディアと比べてとても安く、1回の掲載におおよそ2万から3万程度が目安です。

 

開業,求人,雇用,人件費・求人サイト= インターネットの求人サイトです。 パソコン版とモバイル版(携帯版)とあり、それぞれ利用している年齢層が異なるので注意が必要です。 パソコンの方は、20代から40代程度で、仕事やプライベートでもパソコンを使っている人が多い傾向にあります。 一方のモバイル版は、10代から30代の人が多く、フリーターが多い傾向にあります。 求人サイトにもいろいろな特徴があって、アルバイト募集に特化したサイトや、専門職のための求人サイト、学生のための求人サイトなどあなたの希望するものを選ぶようにしましょう。 なお、広告費用に関しては1週間で3万円~というところが多いです。 利用者が多い求人サイトほど広告費用が高い傾向にあります。