銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある | 事業資金 借入 個人事業主


事業性融資は総量規制の対象外だから、心配無用!
個人事業主に柔軟な融資で、
有効な事業資金調達の
方法について解説しています。

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある

融資の際における担保とは、融資を受けた資金が返済出来なかった場合に、代わりに差し出す資産の事になります。返済できない場合には何かで代用するというのは理解は出来ますが、返済が出来ないことで自宅が自分のものでなくなってしまう…などと考えると、やはり担保を設定したくないと思うのも自然でしょう。

一般的に銀行の融資は担保が必要になる場合が多いです。銀行系のビジネスローンでも担保の設定が求められる場合が普通です。

公的融資はどうでしょうか?公的融資では、制度の条件で無担保・保証人設定不要で貸付をしてくれるというものがあります。この公的融資は原則として無担保・保証人設定不要ということですが、これはその他の条件次第で代わってきます。何かで信用面で不安が出てきた場合には、担保の設定を求められるケースも多いです。

担保の設定の必要の無い融資は?といえばやはりノンバンク系のビジネスローンです。ノンバンク系のビジネスローンでは担保の設定が不要になっています。担保の設定は避けたいというのであれば、ノンバンク系のビジネスローンが良いでしょう。

ノンバンク系のビジネスローンでも不動産担保を設定するものがあったけど?と思われるかもしれませんが、これは不動産担保ローンといわれています。こちらは、逆に融資限度額の上限を引き上げたり、利率など、有利な条件で利用したい場合に不動産担保を設定するというオプション的な位置づけといえるでしょう。

個人事業主の融資
銀行融資と公的融資
事業資金とビジネスローン
個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い
New!
個人事業主の事業資金借入先は
意外と選択肢が多い!
その選ぶポイントとは?

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある
PicKup
銀行や公的融資による融資は
担保が必要になってしまう
ケースも多々あるというワケとは?

ビジネスローンの借入から毎月の返済までの流れ
Point
とっても簡単で便利!
ビジネスローンの借入から
毎月の返済までの流れ