急ぎの事業資金借入に公的融資は向かない | 事業資金 借入 個人事業主


事業性融資は総量規制の対象外だから、心配無用!
個人事業主に柔軟な融資で、
有効な事業資金調達の
方法について解説しています。

急ぎの事業資金借入に公的融資は向かない

事業を営んでいると、様々なことが原因になって、急激に状況が変化する場合が往々にしてあります。そのような急激な変化によって、急いで資金を調達する必要に迫られる場合も珍しくありません。

しかし、融資の場合には審査というものがあります。そのような急な資金調達に対応出来るような融資のサービスはあるのでしょうか?

個人事業主にとっては融資を考える際には、利率面などで有利な公的融資がまず浮かぶと思います。しかし、公的融資にはやはり審査は、必要書類を多く揃える必要がある上、審査にはそれなりの時間を要します。金利面で考えた場合には利用できるならできれば利用したい公的融資ですが、この急な融資の場合には難しいといえるでしょう。

例えば制度融資等の場合には、融資の申し込みから実際に融資が実行されるまでは早くても1ヶ月、長い場合には2・3ヶ月かかってしまう場合もあります。その審査は厳しいものがありますので、審査の結果融資が受けられないというのもあるため、長期間待った割に審査を受けられないというのもなんとも言えないものがあります。

この急な融資に柔軟に対応できる上、融資が実行されやすいものには、ビジネスローンがあります。特に審査が早くて、通りやすいものは民間系のビジネスローンです。民間系のビジネスローンでは即日融資を謳っているのサービスがありますが、午前中に申し込みを済ませていれば午後に融資が実行される…という場合も有り得ます。

そのため、急な資金調達がひつようになることに備えて、ノンバンク系のビジネスローンを事前から検討しておくと、いざというときにも迅速に動けるようになるでしょう。

個人事業主の融資
銀行融資と公的融資
事業資金とビジネスローン
個人事業主の事業資金借入先は意外と選択肢が多い
New!
個人事業主の事業資金借入先は
意外と選択肢が多い!
その選ぶポイントとは?

銀行や公的融資は担保が必要になるケースも多々ある
PicKup
銀行や公的融資による融資は
担保が必要になってしまう
ケースも多々あるというワケとは?

ビジネスローンの借入から毎月の返済までの流れ
Point
とっても簡単で便利!
ビジネスローンの借入から
毎月の返済までの流れ