茨城県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

茨城県の有力産業・商工業・農林水産業

茨城県の産業については、商工業が盛んになっています。特に目立つのは、日立市とひたちなか市にかけて存在する、日立グループの企業の工場です。他にも、鹿島臨海工業地帯を形成する鹿嶋市および神栖市では鉄鋼・石油化学を中心として、工場が多数置かれています。また、石岡市、鹿嶋市、かすみがうら市、つくば市、土浦市、日立市、ひたちなか市などといった地域には、大手製造業の研究拠点が多く存在しています。

特に目立つのは、国道6号沿いにかけての日立グループの工場です。南から日製那珂工場、水戸工場、佐和工場、東海工場が並んでいます。これらは、現在では子会社化しているところも多くなっており、これらの名称は正確ではない部分もあります。ただ、交差点名には「佐和工場前」などの工場名が今もなお残っており、地元の人々にとっても変わらずこの呼び方が使われています。また、中でも那珂工場は、子会社の日立ハイテクグループの拠点となっています。ここでは、ナノテク関連機器、デバイス製造装置を取り扱っています。水戸工場では、こちらは都市開発システムグループをはじめ、電力・電気グループの拠点となっています。エレベーター・エスカレーターのほか、鉄道車両制御装置を取り扱っています。そのほか、佐和工場は日立オートモティブシステムズの拠点であり、エンジン制御システム等というように、自動車に関連した装置を扱っています。そして、東海工場はコンシューマ事業グループの拠点、携帯電話などのデジタル機器を専門に扱っています。このように、様々な業種に関する工場が集積しているのが特徴です。

農林水産業については、古くは大和政権期から、日本屈指の農業地帯として現在にまで至っています。県土の大半を平地が占めており、その多くが農地として利用されています。そのために、森林率は3割ほどと、大阪府に次ぐ全国2番目の低さとなっています。全国的に見て生産量の高いものとしてはメロンがあり、その生産量は全国1位をほこります。また、教育についても盛んです。特に筑波研究学園都市は、国内はもちろん、世界的に見ても有数の学術・研究都市となっています。大学や省庁の研究施設を始めとして、実に300にも及ぶ研究機関・企業と、20000人を超える研究者を擁しています。特に、日本人の博士号取得者の数を見ると7000人を越えており、人材が集積していることがよくわかります。都市は1960年代以降に開発されたものであり、地理的な範囲は行政的には茨城県つくば市と同じです。

Copyright© 法人融資と法人カード!経営資金繰りに銀行融資とノンバンク , 2020 All Rights Reserved.