宮城県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

七十七銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

仙台銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

 

宮城県の有力産業・商工業・農林水産業

宮城県の産業について見ていくと、産業の中心である仙台について、周辺の市からの人口流入が少なくなっています。これは、仙台よりも東京まで出て就職口を求める傾向が出てきたことが原因です。しかし依然として、県内はもちろん、東北地方の他県からの求職者が仙台に集中しています。宮城県内の経済について見ていくと、仙台市周辺から石巻市にかけての「仙台湾沿岸部中心」がかつての中心でした。しかし、現在は内陸部の仙台都市圏を中心とした「国道4号沿い」に変化しています。産業別に見ていくと、第一次産業は、全体として不況の状態にあります。デフレの栄養を受けた農産物の価格低迷、水産業については水揚げ高の変動に加えて、重油価格の高騰が影響しています。一方、第二次産業は、工場の統廃合および業界再編の時期を乗り越え、現在は収益性が上がっています。第三次産業については、仙台都心部での大型店は好調なものの、小規模の商店が苦境に立たされています。

宮城県の商工業について見ていく際、やはり第三次産業が中心となってきます。第三次産業の総生産額は7兆円にもせまるほどで、県内総生産に占める割合は8割となっています。サービス業、卸売小売業共に、仙台市を拠点としています。商業の発達は、仙台経済圏の成立が大きく影響しています。物販面での特徴は、高額商品をはじめ、ファッション性の高い商品、あるいは専門品の販売が盛んです。地域としては一番町と仙台駅前が求心力を強めていいます。そして、その商圏が仙台経済圏の周辺都市圏にまで広がっているほどです。一方、娯楽・レジャー面を見ていくと、仙台市都心部および仙台都市圏が供給している、文化・スポーツイベントなどが目立ちます。それらの求心力が、仙台経済圏にまで及んでいるといった状況です。しかしながら、その一方で、県内の小規模市町村にかぎらず、仙台市内においても、地元商店街の苦境が目立ちます。郊外型の大規模小売店、4号線沿いのロードサイドショップに価格競争や駐車場などの面で負けています。小売全体の盛況の一方で、小売の形態による差を埋めていくのが、これからの課題となっています。

また、農林水産業は、産業全体に占める総生産額の割合は低いものの、優れた資源をもっています。農業では、平野部における米の生産、特にササニシキやひとめぼれなどといった品種が有名です。また、冬季の晴天率が高い地域でのイチゴなどのハウス栽培も盛んです。その他、高原では高級和牛牛肉で知られる仙台牛の生産などがあります。

Copyright© 法人融資と法人カード!経営資金繰りに銀行融資とノンバンク , 2020 All Rights Reserved.