大分県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

大分銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

豊和銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

 

大分県の有力産業・商工業・農林水産業

大分県の産業については、観光業、特に温泉が目立ちます。温泉の源泉数は4500ヶ所にも及び、湧出量も合わせて日本一の数字を誇っています。具体的な温泉名で言うと、別府湾に面する別府温泉、県中央部に位置する由布院温泉があり、どちらも全国的に知名度が高く、有数の温泉地を形成しています。これと関連して、地熱発電でも日本一を誇っています。温泉については、栽培、養殖などといった産業、食文化や医療などに至るまで、幅広い分野において、人々の生活に影響を与えています。

県の農林水産業について見ていくと、椎茸とかぼすが特産として知られています。椎茸のなかでも特に、正月のおせち料理などで使用される品種が有名です。身が厚く、表層に星型の亀裂が入る干し椎茸である、「どんこ」が名産品です。水産物については関あじ、関さば、あるいは城下かれいなどといった独自の製品があります。商工業については、高度成長期において、大分市が新産業都市の指定を受け、大分臨海工業地帯が形成されたことが大きいです。また他にも、近年では、大分市や大分空港周辺において、電子工業等の立地が進んでいるのが目立ちます。一方で、県北部を見ると、隣接する福岡県東部と合わせて、自動車関連企業が集積しているのが見られます。県では、先述した地熱発電も含めて、エネルギー産業が盛んです。大分県の自然エネルギー自給率について見ていくと、25%ほどとなっており、全国一高い数字を誇っています。これは八丁原発電所をはじめとして、県内3か所の商用地熱発電所が立地しており、地熱利用が進んでいる事が大きいです。

温泉については、別府市にある鶴見岳、伽藍岳といった二つの火山の影響を受けており、その東側に多数の温泉が湧き出しています。また、源泉付近の奇景を観光名所化した産業も目立ち、別府地獄めぐりなどは全国的にその名を知られ、観光スポットも充実しています。観光業で見ると、毎年1,000万人もの観光客が訪れています。豊かな温泉資源は観光や市民生活を始めとして、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業など、各種の産業に波及しています。別府温泉とならぶ温泉地の由布院は、湯量が豊富であり、広い範囲で湯が湧くという特攻をもっています。このために、旅館が一箇所に集積することがなく、一軒の敷地も比較的広め、全体として町の造りはゆったりとしています。このような特徴からも、由布院温泉は、様々な調査において九州の温泉の第1位に選ばれています。

Copyright© 法人融資と法人カード!経営資金繰りに銀行融資とノンバンク , 2020 All Rights Reserved.