佐賀県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

佐賀銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

佐賀共栄銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

 

佐賀県の有力産業・商工業・農林水産業

佐賀県の産業については、他の都道府県と比べた際に第一次産業の割合が多くなっています。そのために、農業県と言われることが多くなっています。まずは農林水産業について見ていくと、佐賀平野を中心として、穀類を栽培する農業が盛んです。また、入り江の多い玄界灘に面する北西部においては、果樹農業や畜産、さらには沿岸漁業が盛んになっています。有明海に面した県南地域を見ると、海苔の養殖が目立ちます。佐賀県は、県の面積に対して、耕地の割合が2割を超えています。また、農業の特徴として、二毛作が盛んであり、耕地面積に対する作付面積の割合が100%を大きく超えています。こちらは全国でもトップクラスの数字であり、農業が盛んな県となっています。佐賀平野では米以外にも、大豆や大麦などといったように、農産品に占める穀類の比率が高い穀倉地帯です。戦術の二毛作については、夏の表作として稲を栽培し、冬でも温暖な気候を利用して、裏作として小麦や大麦を栽培しています。特に、ビールや焼酎の原料などになる二条大麦は、その年間収穫量は34000トンにも及び、全国最多となっています。

大豆の年間収穫量についても全国4位の数字を誇ります。近郊や西日本など、大都市向けの野菜類の生産も盛んです。野菜では、タマネギ、レンコン、アスパラガスといった作物の生産が多くなっています。また、塩害に強いために、干拓地で多く栽培されているたまねぎがあり、こちらの年間収穫量は16万トンを超えており、全国でも2位の数字を誇ります。更に細かいところでは、脊振山地は降水量が多く、冷涼な気候を生かした高原野菜の栽培も行われています。

商工業についてみていくと、製造業が盛んになっています。県では、日本全体の傾向と同じく、重化学工業の比率は高い一方、特に食品の出荷額が多くなっています。またほかにも、特徴的なものとしては、窯業の出荷額が占める割合が大きくなっています。地域的に見ていくと、九州の交通の要衝である鳥栖市をはじめ、県庁所在地の佐賀市周辺において工業が盛んです。鳥栖市・基山町などを見ると、特に多くの企業の工場が進出しています。周辺の福岡県久留米市などと合わせて、一大工業地域を作っています。また、伊万里湾においては、造船・半導体を中心として、水産加工・食品・木材などといった各種の工場が並んでおり、臨海工業地域が形成されています。その他の業種については、自動車部品を始め、機械、半導体部品などといった製造が比較的盛んになっています。また、シリコンウェハーについては、大規模工場が立地しているために、年間生産額が全国最多となっています。

Copyright© 法人融資と法人カード!経営資金繰りに銀行融資とノンバンク , 2020 All Rights Reserved.