鳥取県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

鳥取県の有力産業・商工業・農林水産業

鳥取県の商工業・農林水産業について、まずは地域別に産業の特徴を見て行きましょう。東部地区は鳥取平野を中心とした、かつての因幡国の区域に相当しています。ここでは鳥取砂丘や白兎海岸などといった景勝地が見られます。県庁所在地であり、県でも唯一の特例市に指定されている鳥取市は、液晶工場などが立地しており、工業都市という一面ももっています。中部地区については、こちらはかつての伯耆国の東部にあたり、倉吉平野を中心とした区域となっています。白壁土蔵群で有名な倉吉市を中心として、三朝温泉、羽合温泉、東郷温泉などのように、温泉地も多く存在します。西部地区は旧伯耆国の西部にあたり、米子平野や日野川流域を含む地域となっています。中国地方における最高峰、日本百名山の一つにも数えられる大山がそびえ、古くから隣県である島根、旧出雲国地域との結びつきが強くなっています。

当県は小さな県であるために、県内総生産は47都道府県の中で最も小さくなっています。これを一人当たりの数値に置き換えてみると、和歌山県や岩手県のそれに近くなっています。また、一人当たり県民所得は230万円ほどとなっています。これは全国平均の80%ほどです。他の県で言うと、熊本県や鹿児島県のそれに近くなっています。産業については、観光業が盛んになっています。観光資源としては鳥取砂丘が有名であり、鳥取県鳥取市の日本海海岸にかけて広がる広大な砂礫地となっています。全国でも有数の規模を誇る海岸砂丘となっています。日本三大砂丘の1つにも数えられます。

また、当地は山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されています。南北に約2.5km、東西には16kmといった、日本最大の観光砂丘です。鳥取砂丘の周辺には、例えば「鳥取砂丘こどもの国」などといった施設があります。観光地としての鳥取砂丘の入り口には、レストハウスやみやげ店が存在し、観光の一環としてラクダや馬が飼育されているなど、異国の雰囲気が漂う独特の観光地となっています。当地は近隣の住民にとっては、例えば遠足の場としてもよく使われています。その他、ハンググライダーやパラグライダーなどといった、いわゆるスカイスポーツの場としても利用されています。夏の夜になると、海岸にイカ釣り船の漁火が並びます。これも風物詩となっています。また、近くで農業が行われていることはあまり知られていません。特に砂丘畑と呼ばれるところで栽培される白ねぎ、らっきょう、長いもは、当地の特産品となっています。

Copyright© 法人融資と法人カード!経営資金繰りに銀行融資とノンバンク , 2020 All Rights Reserved.