山梨県での資金調達/銀行融資よりノンバンク借り入れ

山梨中央銀行の法人融資ローン借入/企業向け資金調達サービスは?

 

山梨県の有力産業・商工業・農林水産業

山梨県の産業のうち、まずは農林水産業について見ていきます。県はその対外からのイメージに違わず、農業が盛んに行われています。例えば、勝沼におけるぶどう栽培は全国的に有名です。山梨県は、その気候が中央高地式となっており、寒暖の差が大きいです。そのために、農業に適した地域は甲府盆地を中心として、水捌けの良い平坦地になっています。歴史を遡ると、江戸時代には治水・用水路開発が行われ、それに続いて新田開発が進み、農業生産力は向上していきます。加えて、養蚕や果樹などといった、いわゆる商品作物栽培を複合させた、独特の形態の農業が発達していきました。養蚕については、明治初期から始まり、かつては日本有数の養蚕県でありました。しかし、化学繊維の台頭などの影響を受け、昭和の中頃をピークとして減少していきます。それに取って代わるように、果樹栽培の増加が起こります。

このように、歴史の中で養蚕から果樹栽培へと上手く転換していったのです。桑畑から果樹園への転換によって、景観は大きく変化、そこから年中行事などといいた生活・文化面に至るまで変化し、人々の生活と農業は大きく関係しています。戦後の経済成長の影響から、全国に違わず、農業の戸数は減少しています。しかし、その一方で、国民生活の変化に対応した農業形態に変化させて行っています。例えば、国民の食生活の変化により、葡萄や桃、サクランボなどといった果樹栽培の需要が高まったことに注目し、現在では葡萄からのワインの醸造なども行われています。また、首都圏および中京圏からのアクセスの良さを利用し、観光農園として観光客を集めるなど、農業を軸としながらも柔軟な産業を有しているのが特徴です。

そのほか、他県にはあまりない生産品として、ミネラルウォーターがあります。こちらの生産量は50万キロリットルにも及び、日本の総生産量の40%をも占めています。これは、山がちな地形であることと、都市化が進んでいないことが影響しており、きれいな湧水が多く採取できるのです。さらには、先述の観光農園の場合と同じく、主要な消費地である東京圏に近いために、輸送コストが小さいことお好影響しています。商工業については、先述の通り養蚕業がかつて盛んでありました。その一方で、自然の地形のうち、特に四方を山地に囲まれており、水質が良好であることを利用し、精密機械工業が発達しています。特に、中央自動車道の全線開通以降になって、長野県の諏訪地域と合わせて盛んになっています。

Copyright© 法人融資と法人カード!経営資金繰りに銀行融資とノンバンク , 2020 All Rights Reserved.